まるで、原始の人々が立ち去ったままの姿のよう