本殿の彫刻は、江戸後期から明治にかけて活躍し、飯縄神社(八千代市萱田)の鐘楼に作品を残した竹田重三郎(結城小森村)の作と推定されるそうです。