長胤の館の鬼門、北東に位置したこの小さなお堂は、岬状の先端という立地のまま、今も中世的なたたずまいを保っていました。