この旧「妙見神社」は、武石長胤によって弘長年間(1261~1263)に千葉六妙見のひとつを当所に安置したと伝えられています。
今も、旧家の方々は「妙見様」とよんでおられます。