長胤寺は、 武石長胤の館跡で、弘長2年(1262)自らの館を寺として創建したと伝えられる寺院です。