京葉道路武石ICのすぐそばですが、ここへの道は細い農道のみで、探しにくい小さな神社です。
由緒板に寄れば、千葉常胤の三男、胤盛は武石郷を所領して、武石氏と称し この付近に城館を構えたと伝えられ、その跡に、昭和15年(皇紀二千六百年奉祝の年)、胤清の子孫、武石豊次胤興氏が当社に参拝し、小川定右衛門氏の協力得て社殿を造営したということです。