真蔵院境内のこのお堂は、弘長年中に武石小次郎長胤により創建され、かつてここが海辺だったころ、漁民の信仰を集めたという。