武石胤盛の母親の菩提を追善供養に建立した7基の板碑のひとつ。
当初は、須賀原の愛宕山古墳に建立され、江戸時代に真蔵院の波切不動堂の山下に移したと伝えられ、近年本堂前に設置されています。