千葉市武石町の真蔵院は、806年(大同元年)開山と伝えられ、武石胤盛が母親の菩提を弔うため柳地蔵菩薩を本尊として再興、境内には秩父緑泥岩の「武石の板碑」があります。