今回の修理では、維持管理が困難な萱葺から、形はそのままで銅板葺きに現状変更されるそうで、銅板1枚を奉納。銅板に名前と願い事を(うちは、「文化財保護」と)書いて、銅板代2000円を負担しました。