37図-18の製塩土器
口縁部をヘラ削りで調整し、尖唇状形態
(安行3a式の技法と共通)