弘化4年(1846)から現代(昭和59年)までの秩父三十四観音霊場巡拝記念の文字塔16基が立ち並び、女性たちの活発な行動が伝わってきます。