文政2年(1819)から文久3年(1863)まで聖観音像や如意輪観音像の秩父巡拝塔が4基と、文久元年(1861)銘の女人講の如意輪観音像(左端)が、六地蔵の前に並んでいます。