念仏講の供養塔。
手の甲を上にした像容で、気品があります。
同年の松戸市内の徳蔵院の如意輪観音も手の甲が上に向けていました。