sawarabituusin.cocolog-nifty.com > 2014.06.10下志津の石仏探訪

01 下志津の報恩寺

01 下志津の報恩寺

下志津の報恩寺。千葉氏一族の志津次郎胤氏の開基と伝えられる臨済宗の寺院です。
志津胤氏は同族の臼井氏と争い、足利尊氏の助力を得た甥の臼井興胤に滅ぼされたといわれます。
だるまの寺としても有名なこの寺の境内には、江戸時代から現代までの女人講関連の石造物が多く、特に、念仏講から女人講へ、さらに秩父講へと女性たちの信仰形態の変遷が石造物でたどることができます。