波の伊八の地元だけに、本堂の懸魚や境内の小さな祠の軒下の彫刻もしゃれていました