北西に宝篋山、その奥に筑波山の双耳峰が良く見える畑が遺跡です。
桜川左岸の標高28~29mの新治台地の縁という、古墳群とも重なる立地に、下坂田中台遺跡が広がっていました。