実見した「製塩土器」全体の共通事項:
機能形状である器内面の成形を重視しているためか,内面の縦断面はスムーズな曲線を描く場合が多く,また内面の仕上げも意識した調整になっている.口縁部は口唇端を含めて,最終的な微調整箇所となっている.このため,口縁部器形が外側に膨らむ紐線系粗製土器の器形に近いものが多い.
(鴨志田隼司氏の報告による)