前住職の関光禅師に「いにしえのこころをしたう」と読むとお教えいただいた。