綾羅木Ⅲ式土器(前期末)=いかにも貯蔵向きの大型で、器形はそろばん形の壺など力強さがみなぎるデザイン。綾羅木郷遺跡の集落も絶頂期だったのでしょう。