明治12年に川越喜多院の本地堂を移築し再建された寛永寺根本中堂。
内陣に居並ぶ十二神将像(1702)と四天王像(1620)を間近で拝観、その迫力に圧倒されてきました。