印旛沼に面し、二つの突出する物見台に守られた扇形のひろい平場。
2005年~2008年に発掘調査され、地山を切り出して盛土し、ひな壇状の造成を行い城の付属施設として使っていたとのことです。