伊八の彫刻が四面を飾っていたことがわかります。