幕末の絵図で、戦国時代にはなかった本丸~三の丸などの近世城郭部分と、幕末のお台場も描かれていますが、北条時代の総構のラインは変わっていないとのこと。
総構に囲まれた城域は、最西の3本の尾根が集まる扇の要のような「小峯御鐘ノ台」から左右に広がり、相模湾に達する壮大なものです。