三島(里中)地区から出土した火焔形透しの高杯の脚部。
この火焔形の透孔は、朝鮮半島南部の伽耶地域に特有なデザインだそうです。

以上、今回の展示を通じ、石上神宮の神域での5世紀の祭り、その祭りをつかさどった物部氏とその工房、渡来人の存在など、具体的に把握することができました。