ガラス製小玉鋳型・鉄鉗・玉原・ガラス製勾玉、臼玉などが、杣之内(樋ノ下・ドウドウ)地区の大溝や竪穴建物から出土していて、百済系工人が関わって玉類を製造していたと推定されています。