布留川の氾濫原だった三島(里中)地区から出土した木製の把や鞘の装具は、武器神石上神宮を祀る物部氏の武器生産を裏付ける資料でした。
特に、漆塗りの木製把縁が残っていたのは、驚きでした。