1954年調査の石敷遺構出土の土師器の内部には、勾玉と臼玉が、まだそのまま納まっていました。