1938年調査地点、布留(堂垣内)地区の南東150m先で、1954年調査された場所は、やはり5世紀の石敷遺構で、多量の土師器に壺や高坏が出土しました。