子和清水遺跡は千葉県最大の環状集落。
阿玉台式を中心にしたその土器群は、縄文中期の土器編年に必須の土器とのことです。