近代~現代の天台寺受難の歴史を語りつつ、いずれ若杉の成長とともに、太古の御山の姿に帰っていくことでしょう。