周囲約15m、俗に八畳敷きとも呼ばれた大杉の切株。明治36年に焼失し、平成13年、史実と測量に基づき復元されました。