本堂右後ろの桂の大樹の根元に食い込んだ巨石は、仏が極楽浄土から投げおろされた霊石で、これを訪ねて観音様がこの山に現れたと伝えられています。