重要文化財の木造聖観音立像、木造十一面観音立像のほか、東北を代表する平安仏が立ち並んでいます。中には、明治維新期の廃仏毀釈の受難を物語る朽ちかけた仏像も。