『桂清水案内記』によると、観音堂厨子三扉前に安置されていた三面の懸仏の内の一面とのこと。明治期に天台寺から流失していた。造られたのは江戸時代か。