誰でも門内に入れるよう戸も仕切りもなく解放され、さらに仁王様に触れられるよう、はしごも用意されています。