仁王門の左右二体の仁王像は鎌倉年間の運慶作と伝えられ、患部にあたるところに男性は右の阿形像に、女性は左の吽形像に張り紙すると治癒するといわれます。