出家した太子と礼拝する天人たち
法衣をつけて立つ太子に、この場面で初めて光輪が描かれます。左に合掌する天人たち、右には動物(鹿?)が戯れて平和な一瞬です。