子安塔3基、右は明治16年、中央の丸彫の立像は、よだれかけが30枚以上もかけてありました