中世に竹林寺が復興し、行基信仰の聖地となったころ、その寺域を結界するために入り口と寺域四隅に配置された標石。