本堂右側にさりげなく安置されていますが、基礎の東・南面に正元元年(1259)を含む銘文があり、紀年銘のある宝篋印塔では最古例で、国の重要文化財になっています。
高206.6㎝(相輪上部を欠く)