来迎壁の応安4年(1371年)の墨書から鎌倉時代建立とされ、国の重要文化財になっています。