今も頭塔の南面の裾にも、整備前の姿で石仏を見ることができます。
このような草むらに露出した状態で、調査前から13基の存在が確認され、1977年に国の重要文化財になっていました。