頭塔の南半分は、頭塔の森として、調査せずに現状保存されています。
大正11年(1922)国の史跡に指定され、「史跡頭塔」の標柱が建っています。
また、墓塔とみられる五輪塔群もそのままの姿です。