いつ見ても高さ50mの塔の雄姿には感動します。
天平2年(730)の創建。5回の被災再建を経て、現在見ているのは応永33年(1426)ごろの再建の姿とのこと。