北円堂は、養老5年(721年)、藤原不比等の一周忌に際し、元明上皇、元正天皇の両女帝が長屋王に命じて創建。
承元2年(1208年)焼失後は、菩提山上人専心と解脱上人貞慶の勧進により、再建されました。
興福寺に現存している建物の中では三重塔とともに最も古い建物です。
運慶作の弥勒如来坐像、無著・世両菩薩立像に感動し、外へ出ると午後6時10分前。係の方が扉を閉める準備をしていました。