女人講の如意輪観音、安永6年の地蔵像と並んで、子安像塔がありました。風化が激しくて、記年銘は読めませんでしたが、千葉県のとは少々趣きが異なる素朴な彫りの像でした。