観音「われらが大悲の万行は・・・衆生の苦患に代わる故なり、ただこの罪人を許せ、放せ」
両鬼「疾く去りたまえ」
観音「大悲の恵、日の照らす時・・・一本の塔婆を立て、鬼人応答なさしむべし」