「よしよし、死出の山の呵責をいたそうか」
ダイナミックな舞台が展開します。