「賽の河原」が終わり、鬼さん役もしばし休憩。
後を振り返ると、お寺の境内はたくさんの人、ひと。
真夏の西日にあぶられての灼熱地獄もなんのその。